いつまでつづくかな・・・

プロフィール

kobako
性別 : 女性
血液型 : A型
好きなアーティスト :  キム・ジェウク
趣味 : ネットで、キム・ジェウク検索

コーヒープリンスの”ワッフル・ソンギ”
”アンティークの”魔性のゲイ・ソヌ”を演じた。
韓国人俳優キム・ジェウクさんを応援しています。




日本ではNHKにて、2011年
3月頃放送予定の
『悪い男(邦題:赤と黒)』
にも
出演。

日本語はネイティブ並みに
使いこなします。
今、注目の俳優さんです。

詳細 >>

synclメッセージ

フレンド一覧

コミュニティ一覧

参加しているコミュニティがありません。 コミュニティを探す

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

広告


『勝手にしやがれ』 その①

あんにょん外はすっかり紅葉し寒くなりましたね~。

少し前になりますが・・・
私、兼ねてから観てみたかったジェウク君の
初出演作『勝手にしやがれ』



こちらお友達のお陰で、やっと観ることが出来たので、
感想等書きたいと思います。

ネタバレになりますが、旧作なので内容にも触れたいと
思います。


<あらすじ>
両親の離婚後、人生を勝手に生きてきたスリ歴15年、
前科2犯の「チンピラ」コ・ボクスが、階層、学歴、生活
環境などすべてが不釣合いな一人の女性チョン・ギョン
に出会い恋に落ちる。
彼女との愛に命を懸ける事を決心したその時、彼は
脳腫瘍と診断され死の宣告を受けることに。
“失うものなど何もない、明日死んでも構わない”。
そんな覚悟で一日一日を迎えるのだが、やがて彼の
目には家族や周囲の人々がそれまでとは全く違って
見えてくるのであった。


オリジナル表示
コ・ボクス(ヤン・ドングン)
父は看板の絵かきをしていたが貧しくて、酒を呑んでは
母に暴力を振るっていた。小学3年で両親が離婚。
父に引き取られるが、仕事の関係で施設に預けられる。
そこでスリを憶える。

刑務所にも入ったが、憶えたスリが止めらない。
父はバスの運転手をし、今は二人で暮らしているが、
母には時々会いに行っている。母には別の男との
間に出来た父親違いの弟がいる。


オリジナル表示
チョン・ギヨン(イ・ナヨン)
インディーズロックバンドのキーボーディスト。CDは
未だ出していない。
家は成金だが、父と対立してばかりいる。
飾らない性格。


オリジナル表示
ソン・ミレ(コン・ヒョジュン)
野球のチアガールをしているが看護婦を目指している。
ボクスのスリを発見して警察に突き出す。出所後
仲良くなる。
気が強く、嫉妬深いが、情に厚く料理も上手い。


オリジナル表示
ハン・ドンジン(イ・ドンゴン)
文化部記者で 自由恋愛主義者で
ナルシスト。
レコード店でギヨンと出会ってひとめぼれ。
ギヨンを追いかける。

オリジナル表示
ボクスの父


オリジナル表示 
ボクスの母


主人公はコ・ボクススリの常習犯でムショ帰り。小さい頃に
両親と離れて住んでいた哀しい過去せいで、スリをはじめて
しまった経緯があります。

父親と住んでいますが、母にもときどき会いに行ってて、
母には父が違う弟がいます。
ボクスは弟をものすごく可愛がっています。

スリをしてるけど、このボクスって主人公が憎めない。
すっごく優しいんです。
顔は悪いんだけど、見ているうちにどんどんこの人の
魅力にはまってしまうんです。

そこで、スリがきっかけで、チョン・ギヨンと出会います。
ボクスのいわゆる一目惚れってやつです。

ギヨンのBANDのメンバー(べ―シスト)が我らがウックン
こと、若かりし日のキム・ジェウク君です

オリジナル表示

オリジナル表示

オリジナル表示

で、1話を見始めて、最初に出てきたこの人
オリジナル表示

みなさん、誰だと思いますか??

そうです『悪い男』で、ホン・テソンを愛してくれなかった義理の母役の
シン女史と、キム・ジェウク君ここで共演してたんですね

ちなみに、『悪い男』では、このようにいがみあってばかり・・・
オリジナル表示

テソンはこのシン女史に、いじめられっぱなしでしたよね^^;;

そんなこと思い出しながら見てました・・・


長くなったので、たぶん その②へつづく・・・(不定期連載予定



2010-12-05 14:07:49(JST)投稿者 : kobako
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
コメント一覧
コメントはまだありません。